pin                                         pin
  

 

                  「ぱいめがのプチ考察」 ブランド・smart(解散)

 

                           ぱいめが

あらすじ

主人公、久住晟(くずみあきら)は眼鏡をこよなく愛する「眼鏡同好会」に属する白鷺学園一年生。同好の士である三年生の飯倉一志(いいくらかずし)と共に、白鷺祭のミスコンテストに眼鏡っ娘を出場させ、優勝させようと盛り上がるが、ある事情によりふたりは袂を別ってしまう。というのも、晟が「巨乳眼鏡っ娘」好きだったのに対し、飯倉は「ぺた乳眼鏡っ娘」好きだったのだ。

意見の平行線を辿った末、飯倉は眼鏡同好会を「ぺた眼鏡同好会」と変えると宣言。晟は己のアイデンティティを守るため部室を飛び出し、自身の理想である巨乳眼鏡っ娘を発掘、白鷺祭のミスコンで優勝させるため、「巨乳眼鏡同好会」を発足しようと考えるのだが・・・・・・。

 

「眼鏡は顔の一部ですっ!」を合言葉に、ひたすら眼鏡を愛する少年を中心に展開するドタバタ劇の今作品。シナリオのJ・さいろー氏は好きなライターさんでもあるので安心してプレイできる作品でもありました。タイトルを見れば見当がつくように、「おっぱい」と「めがね」にこだわった内容ですが、フェチ作品というほどの内容ではなく、あくまでストーリー構成上の設定なので、マニアックな期待はしないほうが吉です。どこまでいってもバカゲーテイストですので。

登場ヒロインは4人ですが、風紀委員の一年、永澤玲(ながさわれい)だけは、ぺた乳キャラということもあってエロ対象からは除外(別売りの「ぺためが」で追加シナリオ販売されてますが)。実質、幼なじみの梓鶴(しづる)と、生徒副会長の奏(かなで)、女教師の光(ひかる)のみです。

ちなみにFAKEが今作品を購入したのは、ヒロインである幼なじみの梓鶴のCV担当が、茶谷やすら譲だったからです。エロゲにおいて声は重要なファクターですが、茶谷譲はお気に入りの声優さんのひとり。その独特の「ふにゃらか感」や、ちゅぱ音が大好きなのですよ。うおー。

ヒロイン数は少なめですが、そのぶんじっくり堪能できますし、声優さんも実力派ぞろいなので、サンプル画像等を見て気に入るか、気軽にドタバタが楽しみたいという方には、おすすめです。フェラシーンもじっくり作りこんでいるので、そっち系の期待にも答えられるかと(当然FAKEもちゅぱ好きですどうでもいいですかそうですか)

あと何気に、飯倉先輩と風紀委員の玲が大変いいキャラでした。飯倉に恋するため、なんとか真人間に更生させようとする玲と、眼鏡でぺた乳の玲こそ至高といって、いちいち彼女の気持ちを振り回す飯倉のやりとりは今作の肝であります。

 

ぱいめが 茶谷譲の特徴は「れろれろ」というテキストを直接声で表現するところ。好きだ。

ぱいめが  副会長は強気真面目キャラで登場しますが、実は真逆の性癖で・・・・・・。

ぱいめが 24歳年上キャラ。ついつい流されてしまう性格がいい。ハーレムルート担当。

ぱいめが いよいよ開催されるミスコン。果たして「おっぱい」と「めがね」への情熱の行く末はどうなるのか。ってまあ、そんな大層なストーリーは皆無なんですけど。ただ、ひたすらなバカゲーなのです。 

 

                                                                                                     HOME                                 

 

 

 
     

 

inserted by FC2 system